読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神科看護師への転職は勤務形態や長期展望について考える

診療科別看護師

f:id:kango-memo:20160404112652j:plain

Photo by Paul Downey

精神科にどんなイメージをお持ちでしょうか。

「じっくりと患者さんと向き合える科」「心を治療していく本質的な医療」といったものから「緊急度がそれほど高くなさそうなので環境としてはラクそう」というようなものまであるでしょう。

実際に「精神科」と一口に言ってもさまざまな種類や特性がありますので、精神科への転職を考えている方はまずそれらの違いについて知っておきましょう。

精神科の分類によっても忙しさや勤務形態が全く異なる

外来か、病棟勤務か

まず最初に働く病院が外来か病棟かによって労働形態が大きく異なります。

外来勤務は外傷などの治療ではないため、緊急性の高いものではなく、治療においても投薬治療が中心になってきます。勤務状況としては残業がほとんどなく、働きやすい環境のことが多いです。

病棟勤務は通常2〜3シフトの交代制になっており夜勤もあります。大変さについては「急性病棟」「療養病棟」のどちらで働くかによって大きく変わってくるため、この2者の違いを必ず確認しておきましょう。

知っておきたい「急性病棟」「療養病棟」の違い

精神科病棟を分類すると「急性病棟」「療養病棟」に分類されます。

「急性病棟」についてはその名前の通り緊急性が高い精神病が対象。精神的な症状が急激に悪化した場合、集中的な治療が必要な場合に利用されます。報道などで出てくる刑事訴訟の鑑定入院などもこの急性病棟の分類です。
急性病棟の中で厳格な基準をクリアした「スーパー救急病棟」というものもあります。緊急性の高い患者さんに対し、素早く的確な対応をしなくてはいけないため働いている看護師さんも忙しく、残業なども多いです。

もう一方の「療養病棟」については慢性的な精神病を扱います。代表的なところで言うと「アルコール依存症」「薬物依存症」「ギャンブル依存」などのアディクションと分類されるようなもの、最近社会問題にもなりつつあるうつ病など。

これらはじっくりと根気強く長期的に治療するとものなので、その日その日で緊急性の高いことが起こるわけではなく、急性病棟と比較するとゆったりした空気です。残業も比較的少なめです。 

実際の仕事内容

実際の看護師の仕事内容は以下のようなものです。

  • 薬の管理
  • 患者さんとのコミュニケーション
  • レクリエーション(外出・レジャーのような活動)
  • ADLが落ちているような場合は身の回りの介助

一般科と異なり投薬治療が中心なのが特徴。ともかく薬の扱いが多いです。

そしてこころの病を患っている患者さんとのコミュニケーション、ここが一番重要な部分です。どういった言葉をかけてあげるのか、いつもと違うところはないかなど、細々とした配慮が必要になります。

また最近では高齢者の患者さんも増え、患者さんのADLが落ちている傾向もあり、身の回りの介助なども業務の一つとして含まれることもあります。

精神科勤務の看護師に必要な要素

精神科勤務の場合は医療行為が他の科と比較すると少なくなるため、医療経験などの大小は問われないことが多いです。

その一方で患者さんの心の問題と向き合う科なのでメンタル面が強い、あるいは辛いことがあっても忘れられる、気にしすぎないでいられるという精神的な強さが重要になってきます。特に患者さんから暴言を吐かれたりすることが日常的に起こったりする科でもあるので気にせずに受け流せる心の器量があるとベストでしょう。

また暴言だけでなく、場合によっては患者さんが暴れて暴力を受けるようなケースもあるので男性看護師が重宝される傾向にあります。 

苦労はあるものの、精神的な回復に向かっていく患者さんを見るのは精神科のやりがいでもあります。

精神科で働くことのメリットとデメリット

f:id:kango-memo:20160404112750j:plain

Photo by 牛阿拗

 最後に精神科勤務のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット 

  • 急性病棟等の状況を除き、全体的には残業が少なめで生活に合わせやすい
  • 投薬治療が多いので薬の知識は広がる
  • 医療技術を使うことが少ないため、苦手な人でも対応しやすい

デメリット

  • 暴力や暴言を受けることが多い
  • こころの病を扱うので精神的な負担が大きい
  • 技術経験が減り、長期間勤めると他の科に転職する際に苦労する

まずメリットについては「働きやすい」ということがもっとも大きい部分です。家庭持ちのママさんナースの人にとっては、子育てや家庭との両立をしやすい環境と言えるでしょう。また投薬治療が多いので、注射など医療技術が苦手な人にも働きやすいです。

一方デメリットは「精神的な負担が大きい」というのが総じて言えるところでしょう。患者さんからの心ない暴言、そして精神的な病を患っている患者さんなので、つられて自分が鬱屈とした感情になってしまったり…ということも。いい意味で「気にしない」人ではないと難しいです。

またメリットの面で「医療技術が苦手な人にも働きやすい」と書きましたが、長期的な視点で見ると「医療技術の経験が減るため、長く働いた場合に他の一般科に移ることが難しい」ということも言えます。特に新卒で最初に精神科に入職したり、看護師の実務経験が浅いうちに精神科に転科したりすると後々に苦労することが多いです。

転職を検討している際には長期展望を持って臨むと良いでしょう。

 

産婦人科の看護師として転職したいと思った時に事前確認すべきこと

診療科別看護師

f:id:kango-memo:20160328155202j:plain

Photo by Max Talbot-Minkin

産婦人科というと「出産の現場に立ち会える」「命の誕生の瞬間に感動する」といったイメージが強く、携わってみたいという看護師さんも多いです。

その一方で、「実際に働いてみたら出産と関係ない婦人科で働くことになった」「看護師が関われる出産等の業務は範囲が限られていた」などのギャップが多いのも事実。事前にポイントを抑えた上で転職活動を始めましょう。

産婦人科における「産科」「婦人科」の違い

まず産婦人科について知っておきましょう。「産婦人科」というと一般的に出産寄りの仕事となる「産科」のイメージが強いですが、細かくは「産科」「婦人科」に分類されます。(小さいクリニックだとこの2つが一緒になっているところも多いです)

それぞれの科の特徴について説明します。応募する際には自分が希望している科の募集なのかをきちんと確認しておきましょう。

婦人科は女性特有の疾患を対象とする仕事

「婦人科」は女性特有の疾患(おりものの異常や生理不順など)を扱う科です。
女性の身体ということもありデリケートな問題が多く、言葉の使い方一つでトラブルになることも。看護師さんの細かな気遣いが必要とされます。

女性特有の疾患ということもあり、女性看護師の場合は「自分ごと」として捉えられることも多いので勉強になることも多いです。

また総合病院や病棟勤務でなければ夜勤や残業が少なめなのが特長で、プライベートの生活リズムを整えやすいといえます。

男性看護師でも入ることはできますが、「男性には見られたくない」という患者さんが多いため、男性看護師は好まれない傾向にあります。求人も女性看護師の募集がほとんどです。

産科は出産を対象とする仕事

「産科」は妊娠や分娩を扱う科のこと。

「命の誕生の瞬間に立ち会ってみたい」と思い転職を希望する人も多いですが、実際には看護師が携わる業務範囲は非常に限定的。分娩など出産周りの主な仕事は助産師の資格を持っている人が行います。

産科の看護師の業務は出産した赤子のおむつの交換や沐浴など、周辺業務がほとんどです。

その一方で助産師さんの仕事ぶりを目の前で学ぶことも出来るので長期的なキャリアとして助産師の資格も取りたいという人には良い環境と言えるでしょう。

 

「生命誕生の瞬間」という感動的な部分にフォーカスされがちですが、流産や死産というシビアな状況に立ち会うこともあります。悲しむ家族の心のケアなど、精神的な強さも要求されます。

婦人科と異なり出産は時間を決めて行動することが難しいため、看護師・助産師ともに夜勤・残業・休日出勤が多くなる傾向にあります。

また、助産師の方が重大な仕事を任されるため、ほとんどの病院では助産師の給与の方が高く設定されています。

 

助産師資格を取りたいと思った時に知っておきたいハードル

前述の通り産科で分娩など出産の仕事に携わる場合、助産師の資格を取る必要があります。(※日本では助産師の資格は女性のみが取得可能)

ただし実際に助産師の資格を取得するのも簡単ではなく、いくつかのハードルがあります。

まず時間的なハードル。助産師になるには国家指定の助産師養成学校に行って1年間専門の勉強をしなくてはなりません。働きながら1年間勉強をするのは難しいので、退職・休職等をして1年間勉強のために時間を使う必要があります。

次に金銭的なハードルです。年間でおおよそ150万円強の費用がかかるため、負担は小さくありません。(奨学金制度を使える学校もありますので事前に確認しておきましょう)

そしてもっとも大きいハードルが「入学が難しい」ということです。学校によってまちまちですが、多くの場合、募集人数が10〜20人程度と小規模の募集となっているため入学の倍率が非常に高くなります。

助産師になりたいと思った際には、これらのハードルを事前に理解しておきましょう。

※養成学校に通って勉強をすれば助産師の試験に合格することはそこまで難しくありません。平成28年の助産師試験の合格率は99.8%となっています。

www.mhlw.go.jp

既卒の場合、未経験からいきなり助産師資格を取るのではなく、一旦産科の看護師として経験を積んでから助産師資格を取るという人も多いので、助産師資格を取るかどうか迷いがあるのであれば、一度現場に就いてから考えてみるのもいいでしょう。

 産婦人科の転職を考える際には長期展望を持つことがポイント

f:id:kango-memo:20160328155431j:plain

Photo by Tatiana Vdb

 

産婦人科に転職したいと思っている人の注意点をまとめます。 

  1. 自分が行きたいのは「産科」なのか「婦人科」なのかを明確にすること
  2. 「産科」で出産の仕事に携わりたい場合、将来的に助産師資格を取る必要があると理解すること
  3.  助産師資格取得にはお金と時間がかかることを認識すること

 

特に「産科」で働きたい人は長期的に自分のキャリアアップをどうやって展開していくのかを視野に入れながら転職を考えると良いでしょう。 

皮膚科の看護師求人を探す際に知っておきたい一般皮膚科と美容皮膚科の違い

診療科別看護師

f:id:kango-memo:20160320155938j:plain

photo by Vladimir Pustovit

夜勤がなく、命に関わってくる重大な診察がほとんどないことから看護師の中でも人気がある皮膚科。他の科で働いてから一段落したところで皮膚科で働きたいと思う看護師の方も多いでしょう。


実際に求人を探してみると、皮膚科看護師の求人を探していると2種類の求人があることが分かります。


一つは一般クリニックでの勤務となる一般皮膚科。
もう一つは美容クリニックでの勤務となる美容皮膚科。


一般皮膚科は「一般的な病気について扱うもの」、美容皮膚科は「美容に関して扱うもの」と分類されるだけのように見えますが、実際の仕事内容が大きく変わってきます。

一般皮膚科の仕事について

まず最初に一般皮膚科について。

診療の内容は一般的な皮膚の病気への対処です。

水虫やアトピー性皮膚炎のような日常的なものから、とびひやじんましんなどの急性のもの、火傷や腫瘍など重度なものを扱います。

小さい子供からお年寄りまで来院する患者さんの年齢層もさまざま。

扱う範囲は病院やクリニックによって異なりますが、他の科と比較すると緊急性の高いものや、直接命に関わってくるようなものは少なく、外来のみのことが多いです。夜勤もないので、看護師にとっては生活サイクルが立てやすいのも特徴と言えるでしょう。

一方で総合病院の皮膚科では重度な皮膚病や疾患を扱うことが多く、夜勤もあることが多いので求人を探す際には注意が必要です。

一般皮膚科看護師の仕事については、採血や軟膏塗布、クリニック内の衛生管理など主に医師のサポート業務が中心になってきます。

美容皮膚科の仕事について

次に美容皮膚科です。

皮膚について扱うことに変わりはないのですが、一般皮膚科とは内容が全く異なってきます。

具体的にはアンチエイジング、シミ・シワの治療、ボトックス注射、脱毛・美肌レーザーなど美容向けの対処がほとんどです。

来院する患者さんはやはり女性が中心。

美容皮膚科に関しては「より美しくなりたい」という欲求を叶えるためにあるものなので命に関わってくるようなものはありません。

また美容皮膚科で対処する施術が高額なこともあり、給与も一般皮膚科と比較すると高め。またクリニックによっては扱っている美容サービスや美容品を社員割引で購入できるところもあります。

このような条件だけ見ると「美容皮膚科の方が良いのではないか?」と考えてしまいがちですが、確認しておかなくてはならない注意点があります。

美容皮膚科に勤める際の注意点

代表的な注意点としては次の3つです。

  • クレームが多い
  • 看護業務能力が下がる
  • ノルマがある

まず最初に「クレームが多い」ということ。

美容という非常にセンシティブな話の上に診療費が高いため「期待していたような効果がなかった」だったり、実際に施術した後に「皮膚に炎症が出てきた」「腫れが収まらない」などのクレームが多いです。場合によっては消費者センターから連絡が来る、なんてこともあります。実際に100%効果を保証できるものではないので、事前にこういったクレームがあるという心構えは持っておくと後々苦労しないでしょう。

二つ目に「看護業務能力は下がる」ということ。

美容皮膚科については扱う内容や機器が美容向けの機械なので一般の病院と全く異なります。美容皮膚科のクリニックで「未経験可」「新卒可」の求人が多いのは、必要とされるスキルが一般の病院やクリニックの経験と全く異なるためです。

そして最後に「ノルマがある」というのが最も大きな特徴です。
美容皮膚科は「いかに売上を上げるか」が大きな目標となってくるので、看護師にも売上ノルマが課せられている ところが多いです。
売上ノルマを達成するために、カウンセリングで特に必要のない美容用品や施術を追加で売り込んだりする人も中にはいます。

美容皮膚科看護師の給与が高い傾向にあるのはここが理由で、施術自体が高額なのと、自分が売上を上げることによりそれに見合った歩合になっていることが多いためです。

「ノルマが苦手」という人は事前にノルマがあるのかないのか、給与は歩合となっていないかなどを事前に調べておくことをおすすめします。

一般皮膚科と美容皮膚科、どちらに行くべきなのか?

f:id:kango-memo:20160320160117j:plain

photo by wewiorka_wagner


以上が一般皮膚科と美容皮膚科の仕事の大きな違いとなります。

どちらに行くのが正解というわけではないので、実際に二者の違いを見てみて自分に合っている方を選びましょう。

美容についての知識や能力・営業力を深めたい場合であれば美容皮膚科、あくまで医療的な観点から長期的に看護師として働きたいということであれば一般皮膚科、と考えてみると判断しやすいです。

同じ皮膚科でも扱っている内容が全く異なるため、特に美容皮膚科で長く勤めてから一般の病棟やクリニックに 戻るのは難しい傾向にあります。

その場限りの判断ではなく長期的な視点からも、どちらの皮膚科で勤めるべきなのかを考えましょう。 

 

 

小児科の看護師求人を探す時に知っておきたいこと

診療科別看護師

f:id:kango-memo:20160305110336j:plain

photo by Vladimir Pustovit

今看護師として働いている人の中にも、元々子供に携わる仕事がしたくて小児科で働きたかったという人も多いのではないでしょうか。
小児科の仕事は看護の仕事の中でも人気が高く、かつ離職率も低いという狭き門となっていますのである程度看護の経験を積んでから転職で小児科に行きたいと考えている人も多いです。
これから小児科の看護師に転職したいという人、特に小児科未経験者の方に向けてどういうことを知っておけばいいのかをまとめました。

大前提として「子供が好きであるということ」は必要

一番最初に必要なのは「子供が好きであるということ」。
子供を相手にする仕事なので当たり前ですが、子供は想像する以上に自由です。病院内で走り回ったり、大声を出して騒いだり・・・なんていうことは日常茶飯事。その奔放さを温かい気持ちで見ていられるようでなければ大変な仕事です。
子供だけではなく子供の親に対してもデリケートに対応しなくてはならず、精神的に大きく気を遣います。

実務上の話では小児科向けに特別に必要な資格などはありません。
特別な資格が必要ないぶん、どうしても転職の際には過去に小児科の業務に携わった経験や、NICUの経験があると有利になる傾向にあります。

小児科未経験の看護師が知っておきたい成人看護との違い

次に成人看護と小児科の看護との違いを知っておきましょう。

1.子供について

大人を相手にしていた看護師の方が小児科に転職して一番大変なのが子供の扱いです。
子供は大人と違い本能のままに行動します。例えば注射する前の恐怖から暴れたり、大泣きしたりする子がいます。そういった子供に対して落ち着くまでなだめたり、逆に暴れるのを押さえつけたりしないといけません。そして子供の場合はちょっと目を話すと大きな事故になってしまうこともあるので気を抜けないというのも特徴です。

子供の扱いに慣れている看護師は簡単な遊びをさせたり、ちょっとした絵を書いてあげたりして子供の心を上手く扱います。
子供は非常にデリケートな存在で身体も弱く、体調も変わりやすいので、ひどい場合には病気で亡くなってしまうといったような子もいますので、精神的な強さが必要になってくる仕事と言えるでしょう。

2.注射・採血について

看護師が関わる仕事のひとつに注射や採血の仕事があります。
子供は身体が小さく、血管も細いので注射や採血を行うにしても難しさは成人の比ではありません。それだけではなく、前述の通り子供は恐怖から暴れたり騒いだりするので注射の実力もあった方が好ましいです。もっとも子供の場合は身体が弱く予防接種等の注射については原則的には医師が行うことが多い(※)ので大きく心配することはないでしょう。
(※注射の中でも静脈注射の実施については「平成14年9月「新たな看護のあり方に関する検討会」中間まとめ」で補助行為の範疇として認められていますが、現場での解釈はまだ曖昧な部分があるというのが現状です)

予防接種について覚えることが多いというのも特徴。
種類が多いのはもちろんのこと、その予防接種を何歳の時に受けたらいいのか、また複数回受ける予防接種もあるので何回受けたらいいのかなど組み合わせやスケジュールを覚えるのに最初は苦労します。覚えてしまえば苦労することはないのですが、あまりの数の多さに最初は戸惑う人も多いです。

3.子供の親との関わりについて

そして子供の親との関わりです。 子供はほぼ確実に親に連れられて病院に来ます。
自分の大事な子供のことなので病院に来る時は神経質になっている親がほとんどです。現在の病状など細かな点についての質問の対処や、中には心ない言葉を言いつけられることもありますので。そこに対して感情的にならずにいられるかどうかなど、いかに冷静に、辛抱強く対処できるかの能力が必要になってきます。

小児科の仕事をするにはどうすればいいのか?

f:id:kango-memo:20160305111148j:plain

photo by joan vila

冒頭にも書いた通り小児科は看護師の仕事の中でも人気が高いです。
今すぐに小児科の仕事をしたいという場合には小さめのクリニックや専門医の求人を探した方が早いです
ただし、基本的には専門病院や小規模のクリニックであればあるほど即戦力としての経験が求められることが多く、小児科未経験者には狭き門となってしまうのが実情。また規模の小さいクリニックについては外来中心になりがちなので病棟勤務をしたいという人の場合、小児科の病棟がそもそも存在するのかを事前に確認しておきましょう。
土日休みで夜勤がないことで特に人気が集中する保育園系の小児科看護師についても経験者が優遇されることがほとんどです。

小児科未経験者にとっては総合病院などの小児科が狙い目になってきますが、この場合長期的な視点で小児科勤務を考える必要があります。 総合病院に転職した際に最初に配属希望を聞かれます。(病院によってまちまちですが概ね第1希望から第3希望程度まで聞かれることが多め) その際に小児科に希望を出しても必ずしも希望が通るわけではないので「将来小児科になる」という気持ちを持ち続けること、日頃から病院側に対して将来は小児科で働きたいということを伝えていく必要があります。「数年先を見据えて」という前提で臨むことが近道と言えるでしょう。 またこちらも病棟勤務希望の場合は小児科病棟があるのかきちんと確認しておきましょう。